きちんとオルリガルをGETするために!守るべきルールとサイト選び

本物のオルリガルを手に入れるためにできること

海外から個人輸入を行わないと手に入れることのできないオルリガル。
しかし、個人輸入は普段の生活ではあまり行わないものであり、それが医薬品の個人輸入となるとなおさら不安ですよね。

そこで安全にそしてきちんと本物のオルリガルをGETするために、個人輸入を行う時のルールと本物が手に入るサイトの見分け方をお教えします。

守るべき個人輸入のルール

個人輸入のルールを守る

個人輸入には危険を遠ざけ安全に行うためにルールが設けられています。
オルリガルを購入するときは、これらのルールをきちんと守って行うようにしましょう。

・購入は自分が使う分だけ
・購入する量は守る
・購入はすべて自己責任

・購入は自分が使う分だけ
個人輸入での購入は自分の使う分だけとなります。
よって、第3者に販売する目的の輸入や、知り合いに譲るための輸入は禁止となります。
家族や友達も使うから一緒に買っておこうといったことももちろんダメです。
個人輸入の定義は、「購入者が自分の使用する分だけの購入」になります。

・購入する量は守る
1度に購入できる量には決まりがあります
オルリガルは処方せんが必要なゼニカルのジェネリック医薬品のため、処方せん薬と同じ位置づけになり、1度に輸入できる量は用法用量からみて1ヵ月分以内です。
これよりオーバーして購入してしまうと税関で没収されてしまう恐れがあります。

・購入はすべて自己責任
個人輸入は国が認めてはいますが、すべて自己責任のもとで行うものです。
そのため、業者とのトラブルや購入した商品でおこったことはすべて自分でどうにかする必要があります。
トラブルなどに巻き込まれないためにも、個人輸入を行う前に利用するサイト、購入する商品についてきちんと調べておきましょう

本物を手に入れるためのサイト選び

信頼できるサイトを選ぶ

個人輸入はすべて自己責任のもと行われるもの。そのため、購入するサイト選びはとても重要になってきます。
本物を購入することができれば、トラブルや医薬品での被害を受ける可能性が極めて低くなるからです。

本物を扱っているサイトの見分け方は次の通りです。
これら4つすべてにあてはまるサイトを利用しましょう。

・「特定商取引」の記載
・「メーカー正規品100%」の記載
・支払いは前払いのみ
・相場の価格

・「特定商取引」の記載
特定商取引法において、商品の売買を扱っているサイトでは商品やサービスに料金、取引方法、運営している会社などの情報を記載しなければならないと定められています。
これらが記載されていないサイトは法律に違反しているので、使用しないようにしましょう。

・「メーカー正規品100%」の記載
メーカー正規品100%とは、すべての商品をきちんと販売元が定めたルートから購入しているということ。
この表記がありながらそうでなかった場合は偽装表記になるため法律に違反します。
また、各商品に第3者の鑑定結果があれば信頼度は上がります

・支払いは前払いのみ
個人輸入はすべて海外からの発送となります。そのため、入金が確認されてからでないと発送ができません。代金引換がある場合は国内から発送している可能性があり、これは薬事法に違反してしまうためそのサイトは利用しないようにしましょう。

・相場の価格
詐欺サイトの特徴で、気軽に購入させるために相場よりも極端に価格を安くしたり、高いものはいいものという考えを利用して極端に高くしていることがあります。
オルリガルの相場は1錠50~55円ほどです。相場価格で販売されているサイトを利用しましょう。